クラシック音楽、小田和正、資格試験、医療記事批判などなど幅広い(節操のない)ブログ


by shy1221
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

松浦亜弥コンサート2004秋「松クリスタル」

・・・・・に行って来ました。あやや、聴いてます。にも書いたように、十分に予習をしていったので、全く耳慣れない曲というわけでなく、セットリスト通りの展開であった。

ブログのコメントに、「はっぴはちまきあややファンの中に身を置くのはたいそうこっぱずかしいでしょうけど、」というのがあって、まさかそんな、と思っていたのだが、会場に行くと、「はっぴはちまきあややファン」の男性が8割以上を占め、異常な雰囲気であった。特攻服に「愛羅舞亜弥」とかいうのもあって、怖かった。ハチマキとTシャツ、それと蛍光のペンライトみたいなヤツは必需品らしい。日本にまだこういう文化があったのだ・・・・

ツアーのパンフレットがDVDなのは、こういう系統のコンサートでは常道なのだろうか? 映画でもコンサートでもパンフレットは必ず買うので、今回も取りあえず買う。

「開演に先立ちまして・・」の案内放送が、あややの声で流れると、別にコンサートが初めてではないと思われる彼ら、テープの声に総立ちになり、歓声が飛び交う。メチャメチャ怖い。本人登場し、歌が始まると、掛け声かける、ペンライト振る、飛ぶ、など、様々なパフォーマンスが結構揃って行われている。もうこれは儀式に近い。

どの曲も、Bメロで、「あーやや、ハイ!あーやや、ハイ!」という掛け声(ちなみに「ハイ!」で飛ぶ)が入る。これは、本人の歌が聞こえなくなるので、いいんだろうか、と思う。私の前の席の二人組は、ピョンピョン飛びながらその場を軸に回転している。それじゃあやや見えんだろう?と思うが、面白い動きであった。

いちおう、コンサートツアーということで、本人はビデオでは、「ライブ」と言っていたが、ファン以外の方には、「イベント」だと思って行ったほうがいいと思う。ま、アイドル系のコンサートはどこもあんな感じなのだろうが・・・

ファミリー席というのもあって、そこは立つのは禁止らしいが、あの状況では、立たなくても子供にとっては十分怖いだろう。いわゆる親衛隊系の人々が集まる時間と、女子、子供の時間と公演を分けるべきだろうな、と思うが、私の行った夜公演(といっても17:00開演)でなくて昼公演(13:00開演)は、もう少しマイルドなのかも知れないが・・・

ツアーパンフレットと一緒に買った「あややストラップ」を明日から携帯に装着して、周りを引かせることにしよう。
[PR]
by shy1221 | 2004-10-10 22:00 | 音楽