クラシック音楽、小田和正、資格試験、医療記事批判などなど幅広い(節操のない)ブログ


by shy1221
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

医療ドラマ「ウィズドロワル」第3話



第3話

エビちゃん「昨日のひと、白血病の高校生だったんだって」

ヒロイン「ふーん。かわいそう。あたしもとばっちりで、腎生検の最中に放置されちゃったわ」

マサミは勉強をしている。クラノスケ、病室に入ってくる。

クラノスケ「キミコさん、明日から、プレドニンが19 ミリになります。4ミリ分は粉でくるからまちがえないでね。」キミコ「えっ、1ミリの錠剤じゃないの?」クラノスケ「僕も本当は1ミリの錠剤のほうがいいんだけれど、同じ薬で5ミリと1ミリがあるのは間違えのもとだから、っていって病院が採用してないんですよ。だから、5ミリをわざわざ粉にして調剤してるんです。でも、退院したら院外処方だから、1ミリの錠剤で処方します。」

ヒロイン「粉だとわかりにくくない?」

クラノスケ「僕もそう思います。でも、病院の方針なんです。僕がむかしいた病院では、テオドールって喘息の薬を子供に処方するときに、粉で処方したら、薬局で桁間違えて多くいっちゃって、意識不明になって、新聞沙汰になってしまいました。ああ、患者さん相手に何はなしてるんだろ。」

エビちゃんにお見舞いの初老の女性が来た。「ここではなんだし」とエビちゃんを食堂に誘う。エビちゃん、緊張した面持ちで女性についていく。

食堂で初老の女性が切り出す。「結婚について、お話はなかったことにして欲しい。息子を同じように考えている。」

病室に帰ってきたエビちゃん、泣いている。

マサミは勉強をしている。

エビちゃんはカーテンを閉め切っている。

ナースルームでクラノスケがヒロインにムンテラをしている。プレドニンの初期量は40mgである。クラノスケ「フツーの人なのにこんなに説明がわかってくれる患者さんって、始めてです、僕。それでも理系でどっかに勤めてる人だと結構わかってくれるんだけど、文系の人って、結構思考回路が違うっているか、なんだけど。」ヒロイン「あたし、数学苦手でした。物理赤点でした。悪いか!ところで、エビちゃんがずーっと泣いています。なんか、婚約者のお母様らしい人が来てから様子が変なんです。まさか、婚約破棄じゃないでしょうね。」クラノスケ「あ、本当?」

クラノスケ、エビちゃんのベッドサイドにいる。エビちゃん「先生のせいだ。先生が膠原病だから入院しなさい。妊娠すると流産するかもしれない、なんていうからだ。うぇーん。」

クラノスケ、当惑した顔で言葉に詰まっている。

翌日の回診。クラノスケと上司の笹野高史。ササノはクラノスケの説明をふんふんときくだけである。ただし、キミコのカルテをみて、ちょっとデータが気になる、という。

夕食時、エビちゃんがいない。食事を配りにきたナースはあまり気にしていない。ヒロインは気になる。食事もそこそこに病院内を探す。屋上にエビちゃんはいた。「来ないで」とエビちゃん。「だめ」とヒロイン。ヒロインはゆっくりゆっくり近づいてエビちゃんを確保する。「こないだの高校生、顔がつぶれて遺体きれいじゃなかったって。エビちゃん、美人の顔をぐちゃぐちゃにして、いいことある?」

談話室でヒロインにお礼をいうクラノスケ。いつの間にかヒロインはクラノスケに対しタメグチになっている。クラノスケも打ち解けている。

医局のクラノスケ、ちょっとニコニコしている。文献を読みながら、視線が宙を浮いている。

夜中の屋上。デスクとヒロイン。マサミの話になる。デスクはマサミの父を知っているらしい。マサミが生まれるときにマサミの母は死亡して、おばあちゃんの協力のもとマサミは育ってきたことがわかる。デスクとヒロイン、激しいキスシーン。

(ちなみに事件への伏線はってみました)
[PR]
by shy1221 | 2007-02-26 03:00 | TV、ドラマ、映画(冬ソナ以外)