クラシック音楽、小田和正、資格試験、医療記事批判などなど幅広い(節操のない)ブログ


by shy1221
カレンダー

<   2004年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 表記のアルバムを購入した。ミーハーだなあとは思ったが。このアーチスト、嫌いではないが、これまでCDを買うことが無かった。ベストアルバムなので、買ってみた。多分、そういう理由の人は、とても多くて、だからこのアルバムは、最終的にメチャメチャ売れるんでしょうな。
 聞いたことがある曲が多いのは、耳に心地よい。ま、熱烈なファンではないので、BGM、特に移動の車内で重宝されると思われる。
 やっぱり、小田和正が「クリスマスの約束」で歌った「Automatic」が味があっていいと思うのは、小田和正ファンだからでしょうか。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-31 19:21 | 音楽

市長の長女を無事保護

就職とは何でしょうね。

あの話題の市長の娘の話。保護された瞬間、名前が「長女(22)」になってました。今どき、親の反対で就職できないってこともあるんですね。でも、こんなに大々的に公開捜査されちゃうと、樹海にも行けないですね。有名人の子供は大変だ。

無名人の家庭の私は、地道にキャリアアップしようっと。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-31 10:06 | 思うこと

悪い運もある

「細かく、運を、使う」で、いい運について書いたが、悪い運もある。私、実は、Yahooの情報漏洩の被害者である。で、この「細かく、運を、使う」を書いた直後、Yahooからの500円の「おわび金」が届いた。ほー、私の個人情報は500円なんだー。で、これが、図書券とかだったらいいのに、郵便局で引き換える郵便振替なのね。これじゃ、郵便局員に、「私はYahooで個人情報を漏らされました」って言っているようなものじゃないか!! またもプライバシーが漏れることになる。ソフトバンクはとことん、情報管理が甘いですな。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-31 09:56 | 近況

ユーザ登録の情報管理

 懸賞でワイヤレスマウスを当ててしまったことは、「細かく、運を、使う」にも書いたが、その製品が故障したので、サポートセンターに連絡した。
 製品名より前に、購入店名を聞かれたので答えた。その後、住所を聞いてきたので、「ユーザ登録が済んでいる」と言ったら、別の部署へ電話を回された。で、回った先で、症状を聞かれ、またもや住所・名前を聞いてきたので、「ユーザ登録番号を言いましょうか」と言うと、しばらく保留音の後、ユーザ登録番号でのやりとりが始まった。
 購入店名にしろ、住所にしろ、ユーザ登録で入力しているものばかり。なぜまた聞くのか。私は、こういう電話のときは、サポートさんが仕事しやすいように、まず、「製品が故障した」とだけ伝えて、あとはサポートさんの言うがままに答えるようにしているのだが、それにしても応対のアルゴリズムが悪い。ユーザ登録の情報管理は、どうなっているんだろう、と思いました。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-31 09:46 | 思うこと

細かく、運を、使う

 最近、懸賞に当たる。
 年末に、某パソコンショップの懸賞で、ワイヤレスマウスを当てた。でも、これは、当選率3分の1みたいなので、当たったうちに入らないと思う。昨日は、某通信系会社のアンケートで、卓上時計(肩凝りツボ押し付き)という怪しいモノが届いた。これは確率は不明。そんなに低くもないとは思う。そして、今日、某旧国営鉄道系会社のキャンペーンで、3000円の図書カードが届いた。これは、全国で30人だから、とても低い確率と思う。こうやって、細かく運を使っていくのだろうか・・・・
 もう運が残っていないんじゃないかな。だから、宝くじとか買っても、絶対当たらないと思う。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-30 20:50 | 近況

ヨン様来日

ヨン様来日、4月3日アシアナ航空で羽田空港に午後1時過ぎに着くそうな。お迎えに行きますか? うーん、私は土曜日は仕事だからムリか。4日に、ファンの集いみたいなのがあるみたい。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-29 07:56 | 冬のソナタ

小野真弓「春」その2

 小野真弓「春」を聴いてのファーストインプレッションは、先日記載したところである。で、その後、車で移動中、さらに何回か聴いてみた。
 一瞬、「下手なアイドルかな」と思わせる瞬間は、ビブラートをほとんどかけないで音をのばしているところである。しかし、これは実は大変なことなのである。少々音を外したとしても、ビブラートでごまかすと言うのはよくあることだが、ビブラートをかけないなら、音程がキマッていなければいけない。で、小野真弓さんの歌は、そんなに調子外れにきこえるところがないということは、実は音程がキマッている、ということになる。音感がいいのかも知れない。あとは、ヒット曲に恵まれれば、歌手としても成功する?
[PR]
by shy1221 | 2004-03-29 00:57 | 音楽

BS-fanにヨン様

 すみません。気づくのが遅くて。タイトルの通りの話です。
 最近、NHKの機関誌(?)の「ステラ」に冬ソナの特集が載ることが多いので、よく本屋で立ち読みするんです。で、並びに、BS-fanが置いてあって、表紙がなんとヨン様!! ヨン様は、「韓国ドラマガイド」とかではよく表紙を飾っていたんですが、とうとうメジャー誌にも進出するようになったんですねー。でも、この春からの「冬のソナタ」の放送は、BSぢゃないんだけど・・・
[PR]
by shy1221 | 2004-03-29 00:40 | 冬のソナタ
 27日(土)「冬のソナタへようこそ」なる特番があった。チェ・ジウ出演。NHKもよく煽るものである。
 で、「冬のソナタ」の音楽を新しいアレンジで生演奏で聴きながら、という演出なのだが、これがいけない。私のように、なまじサントラを聴き込んでしまっている人間には、編曲による少しの違いも許せなくなってしまうのです。どうせなら完全コピーしてもらいたかった。編曲した方に罪はありませんが。
 というわけで、少し不満の残る番組でした。あ、ビデオは当然とってますが。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-28 13:38 | 冬のソナタ
 今年から、研修医の研修義務化、スーパーローテート化に伴い、大学が関連病院から医師を引き上げており、各地で小児科や産婦人科、麻酔科医が不足、該当科の閉鎖等が相次いでいるらしい。
 我々医療当事者から見れば、当然のことである。当然というのは、こうなることは最初からわかっていたことである。それを今になって何をもめているのか。大学病院の一番の働き手は研修医。それを、スーパーローテートと称して各科に配分することを止めるのであるから、当然働き手は不足。それを、関連病院から引き上げた医師で充足しようとするのは、至極当然である。
 もう一つ気になっている問題は、国民が、この研修必修化の意味をわかっているかどうかである。これまで、大学以外の病院で研修する研修医は、少ない方だった。特に、一年目からは。二年目の研修医は大学以外の病院に結構いた。それが、大学以外の病院に多数の一年目の研修医が出てくることになる。大学病院というところは、研修医というものがいて、6月くらいは、採血は下手で、でも大学病院に来る患者さんはこれはわかっていることであった。
 ところが、一般病院は、これまでホントに一年目の研修医とかはあんまりいなくて、患者さんも、まあ普通に(?)診療を受けていたわけだが、これがいきなり一年目の研修医がやってくるわけで、「研修医には見てもらいたくない」という患者さんがいる可能性がある。これを、どう説明して、診察をしたり、研修をさせたりするのだろうか。患者さんがみんながみんな、採血もロクにできない研修医がいきなり一般病院にやってくるという現実味をわかっていないと思うのだが・・・・
 この件は、またコメントすることにして、今日は問題提起でおしまい。
[PR]
by shy1221 | 2004-03-26 17:04 | 思うこと