クラシック音楽、小田和正、資格試験、医療記事批判などなど幅広い(節操のない)ブログ


by shy1221
カレンダー

<   2004年 06月 ( 52 )   > この月の画像一覧

桟原選手の使い方

小田に勝たせて貰ったか?(笑)

↑のブログのコメントにも書かせてもらいましたが・・・

7回の攻撃の後、勝利を確信して職場から帰宅したら、試合は終わってたけどその後2点も取られてる。吉野か。で、最後に桟原って、明後日の先発はどうするの?
巨人の林(久保だったっけ?)みたいに、先発ありーの抑えもありーのみたいな育て方はよくないって、星野前監督も以前NHKでの解説で言ってたですよ。

でも、杉山投手に勝ちがついて、よかったです。どんどん勝って欲しいですね。
[PR]
by shy1221 | 2004-06-30 09:11 | スポーツ

やるべきことは

「やるべきことは、来月の学会発表の準備だろうよ」を連発。でも明日から来月。

とか思ってたら、今日締め切りの依頼原稿を発見。破滅だ。
モウマニアワナイ・・・
[PR]
by shy1221 | 2004-06-30 09:04 | 近況

SKF松本、行きますよ〜。

サイトウキネン・フェスティバル松本 チケット発売

チケットがとれた友人が、私を誘ってくれた。嬉しいことである。

というわけで、9月に松本へバルトークを聴きに行きます。

まずは予習。CDは持っているので、スコアを検索。「管弦楽のための協奏曲」は廉価版があるも、「弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」の方は、本気の楽譜しかないみたい・・・ということで、「弦チェレ」の方は購入断念。「協奏曲」の方をアマゾンで購入。

あとはスコアが来たら聴き込むだけだ、って、そんなことより、やるべきことは来月の学会発表の準備だろうよ・・・

(忙しくなると現実逃避したがるものですよね・・・)
[PR]
by shy1221 | 2004-06-30 07:54 | 音楽

合格しました。

危険物取扱者試験

5月30日に受験した危険物取扱者試験、乙種第4類と丙種という入門資格にトライしたわけで、試験後の感想では、丙種はOK、乙4はダメかな・・・みたいな印象でした。

今日、合格発表があり、結果も郵送されてきたんですが、

何故か両方合格してました。

丙種と乙4の大きな違いは、扱う危険物の種類が広がるということもそうですが、丙種は「自分で取り扱うことができる」だけなのに対し、乙4は、「免許を持たないものを監督して取り扱うことができる」ということで、ガソリンスタンドの経営者には必須なわけですな。
ということで、明日からでも、ガソリンスタンドの経営が出来る、と。
浮かれている場合ではなくて、あの出来で合格してしまうとは、もっと勉強しなければ資格に申し訳ないです、はい。もう少し法令なんかを極めたいところであります。

秋の危険物はどの階級を受けようかな。乙種の残りを取りにいくか、一気に甲種を受験するか。でも、甲種は受験資格がいるんだよね。受験資格を満たしているか、ちょっと微妙なもので。

ま、それはともかく、これに気を良くして、今週末の「ドットコムマスター・★(シングルスター)」も合格狙います。そしてそのまま秋の情報処理技術者試験へ。

そんなことより、やるべきことは来月の学会発表の準備だろうよ・・・
[PR]
by shy1221 | 2004-06-29 22:10 | 資格
冬ソナ関連本はかなり買ったが、まあどれもコレクション的な買い方であった。

この本は、面白い。一人で読んでいても相当笑える。というより、「うんうん」とうなづいてしまふ。誰かと一緒に読めば、もっと笑えるはずだ。買っても借りてもいいから、「冬ソナ」ファンならとにかく一度読んでみるとイイ。

思わず、誰かに貸したくなる本です。


ポラリス的「冬のソナタ」バイブル

[PR]
by shy1221 | 2004-06-28 21:50 | 冬のソナタ
私は、アマチュアオーケストラでTrpを演奏している。

「ニュルンベルクのマイスタジンガー」第一幕への前奏曲をやることになって、昨日は私にとって初めての合奏(前の練習は休んだ)。

関西では「マイジン」と略す人が多いの? それとも関東でも? 私は、高校生時代から、「マイスタ」だと思っていた・・・・

今回は3rdのパートをもらった(というより自分がパートリーダーなので、自分で自分に振った)のだが、私は1stしか吹いたことがなかったので、3rdで合奏に加わると新曲同然だったのは、新鮮な印象。

というより、高校生のときにオーケストラを始めて、この曲に初めて出会った時、トランペットパートじゃなくて、指揮者として初めて出会ったものだから、まず全体像しかわからない。パート譜を見ても、どこら辺なのか微妙に感覚がズレた感じがするのが新鮮。

ま、それでも、知っている曲だから、合奏にはすんなり入ることが出来た。自分の音がないときに、曲を聴いていると、スコアが目の前にふーっと浮かんできて、目の前に、高校時代のあのメンバーの顔が浮かんでくる瞬間があった。狭い、音楽室で、それでもフル編成に近いオーケストラがいる。自分は高一から高二になるころ、オーケストラのメンバーは同級生と一つ上の上級生。威張り倒せる後輩なんかいない団体で、ひたすら萎縮しながら、それでも、指揮者だから堂々としなきゃ、なんて思いながら、ひたすらに、ひたすらに音楽を追い求めていたあの頃。解釈とか、技術とか、そういうのはとにかく未熟だったけど、音は若かったよな。今はヘロヘロのおっさんの音しか出ないけどね。あの仲間たちは、あの先輩方は、今、どうしているだろう。

一部の友人達は結婚式で会ったりしてるんだけどね。大部分のメンバーは卒業以来ほとんど会ってない。また機会があれば、集まりたいものである。

マイスタの話をしようかと思ったけど、ちょっとノスタルジックになってしまったので今日はおしまい。
[PR]
by shy1221 | 2004-06-28 18:34 | 音楽

冬ソナ視聴率(第12話)

冬ソナ視聴率(第11話)

第1話 「出会い」     9.2%
第2話 「はかない恋」  10.9%
第3話 「運命の人」   11.4%
第4話 「忘れえぬ恋」  12.3%
第5話 「罠」        9.2%
第6話 「忘却」     13.6%
第7話 「冬の嵐」    12.6%
第8話 「疑惑」     15.0%
第9話 「揺れる心」   14.8%
第10話「決断」  関東15.7% 関西17.3%
第11話「偽り」  関東17.6% 関西20.3%
第12話「10年前の真実」 関東17.1% 関西20.4%

とのことです。
関西は安定して20%。関東は伸び悩み。この差はどこから来るんでしょうね。
[PR]
by shy1221 | 2004-06-28 16:50 | 冬のソナタ

ホントの視聴率

「冬のソナタ」昨日は12話。

関西では、11話で20%超えたりと、好評のようだが・・・・・

私は、昨日の放送は、当直先でテレビをつけてはいたのものの、寝てしまっていたらしい(意識が無い)。私の家族も、あの時間まで起きているのは、かなり大変だと言っている。

ということは。

視聴率の機械が入っているご家庭でも、つけっ放しで見ていないご家庭があるんじゃないですかね。ちゃんと起きてみているかどうかまでは、チェックできないでしょ。

じゃ、あの20%のうち、ホントは何%?

そこんとこどうなんですかね>視聴率調査の機械が入っているご家庭

レスはないだろうな・・・・
[PR]
by shy1221 | 2004-06-27 07:30 | 冬のソナタ

檜山の打率

天敵 山本昌やん

このページに檜山選手の打率のことがコメントされてます。ご覧ください。
[PR]
by shy1221 | 2004-06-26 18:50 | スポーツ

Apple Store Osaka

Apple Store Ginzaに続いて、関西にも今秋オープンとは聞いていたが、早くなるらしい。「iPod mini」の発売に合わせて、9月末から10月初旬にも開店とのこと。銀座まで行っていた身としては、嬉しい限りである。

並んで、記念品、もらお。

アップル「Apple Store Osaka」を大阪御堂筋に、早ければ9月開店の見通し
[PR]
by shy1221 | 2004-06-25 09:53 | Macintosh