クラシック音楽、小田和正、資格試験、医療記事批判などなど幅広い(節操のない)ブログ


by shy1221
カレンダー

<   2005年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧

老害

渡辺前オーナー 球界復帰へ
 この人は何でやめたんだっけ? 普通、一般社会で、引責辞任して辞めた会社に復帰するためには、他の業界とかでスゴイ活躍するとか、何かとにかくスゴイことがなければあり得ないよね。実は我々の知らないところでスゴイ活躍してたりして。
 もっとも、この会社は何でもアリなので、一般的な会社と比べることは無意味なのかも知れないけど。

記事引用
[PR]
by shy1221 | 2005-05-31 08:59 | 思うこと

プロのコメント

レッサー見せ物にしないで 旭山動物園がメッセージ

 さすが、旭山動物園である。ここは、動物の見せ方が上手で、入園者数を増やしたことで有名な動物園である。プロとして、あるべき対応を訴えている。同業者からの非難を恐れずに、このような意見を公開出来ることが素晴らしい。やっぱり、プロたるもの、こうでなければならない。

 で、わかったのは、旭山のレッサーパンダは立たないらしい・・・(←こういうことを言っている時点で、旭山動物園の方の文章の意図がわかってない・・)

記事引用、原文へのリンク
[PR]
by shy1221 | 2005-05-31 06:57 | 思うこと

新聞の押し売り

「購読しろ」押し売り2時間=朝日新聞販売店員を逮捕−千葉

 いやー、怖いですね。私は新聞は取っていませんが・・・・幼いころ、Yミウリ新聞がドアに足を挟み込んで閉じさせないなどの強引な勧誘をして、わが家でも1年間だけ購読せざるを得ない状況に追い込まれたことがありますが(その時は、1年間、Yミウリ新聞とAサヒ新聞と2紙購読していた・・・)、最近でもこんなのあるんですね。でもこれを読むと、新聞社の姿勢というよりは、勧誘員のキャラクターの問題みたいですね。

記事引用
[PR]
by shy1221 | 2005-05-30 19:35 | 思うこと
復旧工事、1時間で中断 兵庫・尼崎のJR福知山線
再開の了解求め戸別訪問 住民へ説明続行

 ま、この会社の不手際ってのも恒例になってきました。

 かなりの社会的問題になった事故ですから、周辺への配慮はいくらやってもしすぎるということはないのでしょうが、この会社にはそこまで気が回らなかったのでしょう。

 ただ、工事を始めるときには戸別訪問して了解を取らねばならんのでしょうか。告知文書をポストに投函するだけではホントにダメなんでしょうか。人によっては、別にJRの社員の顔も見たくない人がいるんじゃないでしょうか。ここらへんは、線引きが難しいですな。

 関西に住んでおりますもので、あちこちで今回の事故に関連した形で働くJRの社員の方をみかけます。例えば、阪急梅田駅のJR振替乗車専用改札口の前。「申し訳ありません」とそこを通るお客さんひとりひとりに、両側からJRの方が頭を下げられます。あるいは、被害者の方が入院している病院。休日だというのに、1階の受付の前に、背広を来た社員の方が二人、24時間待機しておられます。聞くところでは、入院している各病棟にも一人、ずっと立っている社員がいるそうです。なんか、JRの社員であるってだけで、ノイローゼになりそうな環境です。自殺する人とか出ないといいですが・・・・
 社員一人ひとりが、そういう社風を作り出したんだから連帯責任だ、みたいな考え方もあるかも知れませんが、被害者・御遺族へのケアは十分にして頂くとしても、それ以外のところは、言葉は悪いがもう少し手を抜いて、本当に大事なところ(安全対策とか、乗務員の研修管理の問題とか)に力を注いで頂くわけにはいかないんでしょうかね・・・

記事引用
[PR]
by shy1221 | 2005-05-30 12:59 | 思うこと

文書を手渡せば免罪符?

医療ミス:処方せんと違う薬を男児に投与

この記事の中で気になるのは、
「病院側は男児の家族に説明するとともに『将来にわたって弊害がない』との文書を手渡し理解してもらったと話している。」
 患者の側から、将来を確約する文書を要求されて出したものと推定するが、これにどれだけの意味があるのかな、と思う。今回の投薬は、多分間違ってもなんの不利益も被らない種類の薬だったのだろうから、こんな文書は出しても出さなくても将来にわたって何の問題もない可能性が高いし、患者さんが安心するという点では、メリットの方が大きいのかと思う。が、将来的な副作用の判断が微妙な薬について、こういう文書を出せるかどうか。
 将来副作用が何か出たとして、それがその薬によるものだとの証明が難しいような事例の場合、こういう『将来にわたって弊害がない』という書類を出しておけば、その書類が証拠になってしまって、その症状は副作用によるものでないという方向になってしまうような気がする。判断が微妙な場合は、とりあえず文書出しとけ、みたいなことにならないかと多少心配。
 ま、それでも、裁判とかになったら、最近の裁判所はムチャな判決を出すらしいので、「たとえ投与当時、副作用の存在が知られていなかったとしても、未来永劫にわたって、副作用の発症には注意を払うべきだった」とかいう判決が出て、損害賠償支払えとかいうことになったりして。

記事引用
[PR]
by shy1221 | 2005-05-30 08:15 | 思うこと

外来枠変更

 6月から、同じ曜日で外来枠が変更になるのだが、急な変更なので患者さんたちには知らせてない。
 6月の予約は、全て以前の枠で取られている。その枠は、6月以降は別の医師が担当する。以前の枠に予約が入っている患者さんたちは、患者さんが特に何も申告しなければ、別の医師が診察することになる。枠を変更してでも私の外来を希望するような方がいるだろうか、と思うと、一人もいないということになると、外来なんて誰でもいいんだなーと少し悲しくなる。別の視点から見れば、それだけ自分が未熟で信頼されてないということでもあり、より精進しなければならないということでもある。どーなるかなー。
[PR]
by shy1221 | 2005-05-29 07:50 | 近況

態度と表情

 さっき、朝のニュースをみていたら、JR西日本の事故に関して、「日勤教育」の改善について、記者会見していた。「罵声を浴びせるとか、さらし者にするといったようなことがないようにします」という会社の方の表情が、何かヘラヘラした薄ら笑いをしているような気がして、何となく感じ悪かった。もともとそういう顔の方だったとすれば申し訳ない感想なのだが。

 自分に立ち返って考えると、外来とかで、患者さんに対して、自分では気付かなくても不愉快な態度をとっていたりするのではないだろうかと思う。そんな意味でも少し反省。
[PR]
by shy1221 | 2005-05-29 07:49 | 思うこと

日本語、英語、・・・

 論文を書こうと思うと、いろいろ参考文献を読むことになる。で、読みながら、よさそうな内容が引用されていると、その引用元の文献を読むことになる。この引用元の確認を疎かにしてテキトーに論文を書いていると、信用性が疑われることになる。

 最近、医学論文は、インターネット経由でPDFファイルで入手出来る時代になった。が、それは1996年以降くらいに出版された論文の話で、それより以前の論文は、紙に書いてあるのを図書館から借りてきてコピーするということになる。以前は、コピー機などという文明の利器が無かった時代には、本の貸し出しは一週間だった。その間に読めってことだ。最近は、貸し出し期間は1日である。すぐコピーしろってことだろうか。

 引用元の文献は1990年のだった。雑誌の名前は、「ontogenez」。ん? ontogenesisなら英語だな。ontogeneなんて単語は知らんが、新しい遺伝子かも知れん。でも、最後についてる「z」って何よ? と思って、PubMedのJounral検索をする。お、雑誌としては存在する。で、図書館の所蔵リストを検索。無い。他大学の所蔵状況も検索。お、3大学ほど所蔵してる大学があるぞ。マニアックだなー。と、書誌情報を見ると、
「標題:Онтогенез」(文字化けしてたらすみません)
「本文言語コード:ロシア語」

 ドイツ語とかフランス語の文献でもまともに読めないのに、ロシア語はムリだよ・・・・論文の引用文献のタイトルが英語で書いてあったから、てっきり英語の文献だと思ってたのに・・・
[PR]
by shy1221 | 2005-05-28 17:36 | 論文

合格証書来ました。

基本情報技術者(FE)合格しました。というわけで、先日証書が届いた。経済産業大臣は中川昭一先生のようで、1年半前にシスアド取った時と変わってない? 確認しよ。変わってないなら長期政権だ。

医師免許や、薬剤師免許、歯科医師免許には、厚生労働大臣の名前が明記される。歴代では、菅直人、大内啓伍、小泉純一郎、坂口力諸先生方が有名どころか。多少名前を知っている人が証書に書いてあるとそうでない人よりは嬉しいかも。私の免許が誰の名前かは、よく調べると年齢バレするので書かない。
[PR]
by shy1221 | 2005-05-27 09:54 | 資格

飲酒運転はダメ。

研修医師が飲酒し追突事故 長浜、3人が軽傷

 例えば、友人と飲んでる最中に呼ばれたとか、いろいろ事情はあるかも知れないが、飲酒運転はダメですな〜。呼ばれて病院へ急行する際のスピード違反は多少見逃してもらうのもアリかもしれないですが。

 この事件自体は確かに問題ですが、それがいちいち「研修医師が」っていう題で記事になるところを見ると、医師ってのは肩身の狭い職業ですな・・・

記事引用
[PR]
by shy1221 | 2005-05-26 12:53 | 思うこと