人気ブログランキング |

クラシック音楽、小田和正、資格試験、医療記事批判などなど幅広い(節操のない)ブログ


by shy1221
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

止まっている判定

Yahoo!ニュース - サンケイスポーツ - 西武・涌井が2段モーション修正に「140キロも出ない」

 この記事を読んでふと気がついたのだが、主審の視線の接戦方向での投手の動きというのは、必ず静止しているように見えるハズ(そんな動作があるのかはわからないが)なので、そういうのはどこまで誰が判定するんでしょう。やっぱり基準を明確にするべきですよね。



<以下記事>
 宮崎・南郷キャンプ参加中の西武・涌井秀章投手(19)が2段モーション修正に苦しんでいることが6日、分かった。涌井はルーキーシーズンの今年、上げた左足をゆっくり下ろすフォームで投げていたが、来季からは規定にひっかかる。
 「全然、しっくりこないです。今のままだと140キロも出ないと思います」。この日は休養日でゴルフデビューを果たした涌井だが、フォーム修正に話題が及ぶと表情を曇らせた。9、10日には審判員がキャンプを訪問し、講義を行うことになっているが、現段階で審判によって判断もまちまちで、さらに混乱する可能性もある。
 荒木投手コーチも「三塁の塁審からみれば止まっていないのは分かると思うけど、主審から見たら止まっているように見えるからダメらしい。判断基準がよくわからない」と首をひねる。荒木コーチは納得がいかない点を徹底的に問いただす姿勢だが“松坂2世”といわれる逸材だけに、今後が気になる。
by shy1221 | 2005-11-07 09:22 | スポーツ